CBD研究室
CBDに関する知識や経験のまとめ
基礎知識

CBDとTHCの違いとは?性質/効果/副作用を解説

今日は「カンナビジオール(CBD)とテトラハイドロカンナビノール(THC)って何が違うの?」という疑問に、効果や性質を含めてお答えします。

本記事の内容

  • CBDとは
  • THCとは
  • CBDの医学的効果
  • THCの効果
  • 痛みにはCBDとTHCどちらがいいのか
  • CBDとTHCの副作用
  • 市販で購入できるのはCBDのみ

CBDとTHCは、大麻草に含まれる2つのカンナビノイド成分です。

両方とも身体や脳内にあるカンナビノイド受容体に作用します。CBDにはいわゆる「ハイ」になる効果はないため、THCよりも幅広く使用されています。

一方「ハイ」になるTHCは、日本では違法成分なので使用や購入はできません

CBDとは

CBDとは大麻草に含まれるカンナビノイドの1つで、農業用の麻や医療用大麻に含まれます。カンナビノイドはさまざまな植物に含まれますが、CBDは大麻草のみに含まれます。

CBDとTHCの化学式は同じですが、原子の配置が微妙に異なります。

この微差によってTHCのみが向精神作用を持つようになっています。そしてCBDを医療目的で摂取すると不安を軽減しつつ、認知能力にはほとんど影響を及ぼしません

THCとは

THCは大麻の精神活性成分です。つまり大麻と聞いて連想する「ハイ」な状態をもたらす成分です。

この化合物はアナンダミドと2-AGの効果を(一部)模倣することで作用します。

この2つの神経伝達物質は人体で自然に生成され、睡眠や食習慣、痛覚やその他さまざまな身体機能を調整します。

THCの効果には

  • リラクゼーション
  • 視覚、嗅覚、聴覚の変化
  • 倦怠感
  • 空腹
  • 攻撃性の抑制

などです。

CBDの医学的効果

最近の研究で、これらの医学的効果があると考えられています。

  • 痛み(神経、慢性的、癌など)
  • てんかん
  • 多発性硬化症(MS)
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • パーキンソン病
  • 炎症
  • ニキビ
  • ジスキネジア
  • 癇癪
  • 骨折
  • 狂牛病
  • うつ病
  • 細菌感染症
  • 糖尿病
  • 関節リウマチ
  • 吐き気
  • 不安
  • ADHD
  • 統合失調症
  • 薬物乱用/離脱
  • 心臓病
  • 過敏性腸症候群(IBS)

THCの効果

最近の研究で、これらの医学的効果があると考えられています。

  • 化学療法の副作用
  • 多発性硬化症(MS)
  • HIV/エイズ
  • 脊髄損傷
  • 吐き気と嘔吐
  • 慢性痛
  • 炎症
  • 消化器系

痛みにはCBDとTHCどちらがいいのか

どちらも鎮痛効果がありますが、CBDは炎症や神経痛に効き、THCはけいれんやけいれんを伴う痛みを抑えるのに優れています。

ただしTHCの過剰摂取は痛みを悪化させうることに注意しましょう。

さらにTHCを使用した人の多くは、利点以上に副作用に苦しんでいることも事実です。

CBDとTHCの副作用

CBDは忍容性が高いため、大量に摂取しても有害作用はありません。WHOの研究によると、CBDの副作用は他の薬との薬物相互作用が原因です。

一方THCにはこれらの副作用があります。

  • 心拍数の上昇
  • 口の乾燥
  • 赤目
  • 強調問題
  • 反応時間の遅れ
  • 記憶喪失

THCの副作用は、化合物の向精神特性の1つです。

市販で購入できるのはCBDのみ

THCは、即効かつ長期的な認知副作用をもたらすため違法となっています。副作用には思考障害や計画能力の欠如、意思決定能力の欠如、衝動が抑えられなくなるなどさまざまです。

さらにTHCの長期使用は、心臓と脳の重大な異常と相関関係にあります。

CBDには健康リスクがあまりないことが報告されています。その安全性と効能からCBDを含んだ商品が合法となり、人気を博しています。

最後に

以上CBDとTHCの違いを説明してきました。

みなさんの疑問を解決できたでしょうか。

読み返してわかりにくい所があれば追記していこうともいます。

それでは素敵なCBDライフを。