CBD研究室
CBDに関する知識や経験のまとめ
CBDと病気

CBD(カンナビジオール)と薬の飲みあわせ|併用のリスクや副作用

CBD(カンナビジオール)と薬の飲みあわせ|併用のリスクや副作用

今日は「他の薬を飲んでるけどCBDを摂取しても大丈夫?併用のリスクを知りたい」という疑問にお答えします。

CBD(カンナビジオール)とは

CBDとは大麻草や麻に含まれる成分で、ストレス・不安の軽減、鎮痛作用、てんかんの発作を軽減などさまざまな効果が期待されています。

副作用も少なく、あっても軽度で短いため多くの人が安心して使えます。

しかしこれは健康かつ他の薬を飲んでいない人の話です。

CBDと薬の飲み合わせ

CBDと薬の飲み合わせについてお話する前に、CBDとCYP(チトクローム)P450の関係性について触れましょう。

チトクローム450とは

チトクロームP450とは、体内と取り込まれた薬や毒素を分解する肝細胞内にある薬物代謝酵素です。

この酵素が摂取した薬を分解し、体内で吸収しやすくします。薬が効果を表すのはこのおかげです。

CBDを大量に摂取すると、このチトクロームP450の働きを妨害し、結果として特定の薬を処理しにくくなります。

身体が薬を処理しにくくなるということは、薬が通常より長く体内にとどまり、意図しない逆効果がおこります。

抗うつ剤(SSRI)

SSRIとCBDの併用によるネガティブな影響は、ほとんど報告されていません。

むしろうつ病患者の中には、抗うつ剤とCBDを併用することでうつ病が改善されたと報告している人が多くいます。

しかしCBDがチトクロームP450に影響を与えることで、抗うつ剤の成分が体内に長時間とどまります。

その結果かなりレアですが、副作用として軽度の躁状態になることがあります。

血液希釈剤

これもCBDがチトクロームP450に作用し、ワルファリンやイブプロフェンの血液希釈効果を増幅させます。

CBDとワルファリンを併用する際は、INR値を確認しながら使用しましょう。

てんかん・けいれんの薬

CBDのメリットの1つは「ハイにならない安全性」が挙げられます。

アメリカでは、てんかんを患っている子供に対してCBDを使わせている家庭が多くあります。

またこのCBDが注目されるきっかけとなったドラベ症候群患者のシャーロットという女の子がいます。彼女は一月に数百回のけいれんに苦しんでいましたが、CBDを摂取することでけいれんの数が数回までに落ち着きました。

 

てんかんを軽減するためには、CBDを多く摂取しなければ効果が現れません。少量摂取しても抗てんかん効果はありませんが、チトクロームP450酵素は阻害されます。

その結果、抗てんかん剤の濃度が長期化してけいれんが悪化するので注意しましょう。

風邪薬やインフルエンザ薬

市販薬とCBDにも薬物相互作用があります。これらは市販薬に含まれる成分で、CBDを使うことで副作用が生じる可能性があるものです。

  • ドキシラミン:ナイキルなどのに含まれ、CBDの鎮静や眠くなる効果を増幅します。
  • ナプロキセン:ナイキサン錠などの抗炎症薬に含まれ、CBDの効果を低減させます。
  • クロルフェニラミン:抗ヒスタミン剤に含まれ、眠気を増幅される可能性があります。
  • プソイドエフェドリン:鼻詰まりを解消する鼻炎薬に含まれ、CBDと併用するとセロトニン症候群になるリスクを上がる可能性があります。
  • フェニラミン:風邪とインフルエンザを組み合わせた薬に含まれ、眠気や副作用全般のリスクを上げる可能性があります。

他の風邪薬とインフルエンザ薬による副作用には、錯乱、運動機能、認知障害などが挙げられます。

抗レトロウイルス薬

抗レトロウイルス薬はHIVやエイズに使われる薬です。HIVは免疫システムを弱体化させ、患者の免疫力を低下させます。

CBDには免疫システムを増強させる効果や、不安や痛みを抑える効果が期待されています。

そのためCBDと抗レトロウイルス薬を併用することで、効能や持続時間にいい相乗効果があるように見えます。しかし実際のところ、血清濃度をあげたり副作用を起こし可能性があります。

しかし現時点でCBDとこれらの薬との薬物相互作用はほとんど研究がされていません。副作用やリスクを知るには、今後のさらなる研究が必要です。

抗不安薬

抗不安薬ザナックスとアルコールの飲み合わせの危険性は、かなりの人に認知されています。

しかしCBDと抗不安薬の併用による薬物相互作用に関しては、まだあまり研究が進んでいません。

ただしCBDがチトクロームP450に与える影響から考えると、薬の血中濃度が高くなる可能性があります。

その結果、副作用として錯乱、集中力の欠如、眠気などが現れるでしょう。

血圧をコントロールする薬

血圧を下げる薬としては、β遮断薬(βブロッカー)があります。CBDは血圧を下げる効果が期待されるため、2つを併用しようと考える人もいると思います。

しかしCBDとβ遮断薬を併用することで、血圧が急激に低下し、危険な域にまで下がる可能性があります。

その副作用として、失神やめまい、ショック状態に陥る可能性もあるので併用は控えましょう。

研究はまだ未発達

CBDと他の薬との飲み合わせについての研究は、まだまだ発展途上です。

今度詳しい研究が発表されれば、またご紹介したいともいます。

それでは素敵なCBDライフを。