CBD研究室
CBDに関する知識や経験のまとめ
基礎知識

日本製CBDだから安心は間違い?安全なCBDの選び方

日本製CBDだから安心は間違い?安全なCBDの選び方

安全なCBD製品を買うには、何を基準に選べばいいのでしょうか?

「日本製CBD」や「国産CBD」と聞くと安全そうですが、実はそうではありません。

今日は安全なCBD製品の選び方をご紹介します。

本記事の内容
  • 本国産・日本製CBDは安全なのか
    – 日本国産・日本製CBDの定義
    – 日本製と海外製CBDはどちらが安心なのか
  • 安全なCBD製品の購入方法
    – 第三者機関試験の証明書がある海外サイトから個人輸入
    – 正規輸入代理店で購入する(日本サイトから買う場合)
    – 超臨界CO2抽出法で製造されたCBDを選ぶ
  • 最後に

以下で1つずつ解説していきます。

日本国産・日本製CBDは安全なのか

野菜やお肉などを買うときに「国産」の方が安心するし、「国産」しか買わないという人もいるのではないでしょうか。

確かにどこでどのように作られているかわからない食品より、日本国産のほうが信頼できます。

しかしCBDにおいては、日本製・国産が安心とは限りません

日本国産・日本製CBDの定義

たまに「日本国産CBD」と謳っている製品があります。パッとみ安全そうに見えますが、少し注意が必要です。

まず日本には大麻取締法があり、麻や大麻草の栽培が禁止されています。産業用に一部栽培が許可されていますが、その審査はかなり厳しいです。

そして現在日本のCBD事業体の中に審査を通った企業は1社もありません。

つまり日本国産CBDオイルとは、日本国内で栽培された麻からCBDを抽出したものではなく、海外(EU、アメリカ、カナダなど)から輸入し、日本で製造加工された製品ということに注意しましょう。

日本製と海外製CBDはどちらが安心なのか

海外のCBDを輸入しているとしても、日本で製造加工されてるほうが厳格に管理されて安心そうですが、そうとも限りません。

その理由はcGMP(医薬品適正製造基準)というWHO等の国際機関や各国の規制当局が策定している基準です。その目的は3つ、医薬品のみでなくCBDオイルのようなサプリメントにもあてはまります。

  1. 人による間違いを最小限にする
  2. 医薬品を汚染されたり、品質が低下するのを防ぐ
  3. 高い品質を保つ仕組みをつくる

日本とアメリカの違い

日本とアメリカのGMPの取扱について表でまとめました。

日本には独自のGMPがありますが、アメリカと比較するとかなり緩いのがわかります。サプリメントなどを販売しても、成分が表記通りに入っているかの検査などは任意で、異物混入検査も規定がありません

一方アメリカはしっかり法律で定められています。上記の基準がすべて満たされていないと、サプリメントなどを販売することはできません

日本よりアメリカのほうが製品の品質管理基準が非常に高い。「日本製だから高純度」という理由で安全性を主張し、高価で販売している販売サイトには気をつけましょう。

 安全なCBD製品の購入方法

それでは上記を踏まえて、安心・安全なCBDオイル販売サイトを見分けるポイントをご説明します。

1. 第三者機関試験の証明書がある海外サイトから個人輸入(英語ができる人)

英語サイトでの購入に抵抗がない人は、第三者機関やcGMPを満たしているサイトから直接買うといいでしょう。

余計なマージンもかからないため、安全な製品を他者より安価に購入できます。

安心して購入できるCBD海外サイト一覧

  • Dixie Botanical:厳格なcGMPを遵守。世界で初めてCBDオイル製品を生み出した。日本語非対応。
  • Bluebird Botanicals:第三者機関の試験と厳格なcGMPを遵守。サステイナブルな栽培・製造。日本語非対応
  • ENDOCA:厳格な臨床試験と100%オーガニック。日本語対応。
  • HempMeds:CBD製造会社で初めてISO/IEC 17025:2005取得。CBD販売の先駆者で、継続的にクオリティと安全性を向上し続けている。日本語非対応。
  • Charlotte’s Web:CBDの効果が世界的に知られるきっかけとなった製品。FDA登録設備と第三者機関からGMP検証。日本語非対応。
  • Elixinol(エリクシノール):CBD最大手。世界アンチドーピング機関(WADA)やU.S. Hemp Authority、日本の大学薬学研究室から検査。

2. 正規輸入代理店で購入する(日本サイトから買う場合)

正規輸入代理店は、厚生労働省から許可を受けた安全なCBD商品のみを扱っているCBD販売店です。

現在、日本でCBDの正規輸入代理店として認められているのはこちらです。

  • HempNavi:上記の海外製品を取り扱っている、最も信頼性の高いCBDサイト。
  • CBD ONLINE:KoiやPharma Hempなど有名ブランドあり。

今後も追加していきます。

3. 超臨界CO2抽出法で製造されたCBDを選ぶ

製造工程など複雑なことは省きますが、抽出の際に二酸化炭素しか使わないので、変な成分が混入しないクリーンな抽出方法です。

EliXinolHempMedsなどがこの製造方法で製造しています。

購入するブランドの抽出方法には注意しましょう。

最後に

CBDは新しいジャンルで、まだまだ規制も整備されていません。

まがい物を掴まされないように十分注意しましょう。