CBD研究室
CBDに関する知識や経験のまとめ
基礎知識

CBDおすすめ摂取方法|決め方がわからない初心者必見

CBDおすすめ摂取方法|決め方がわからない初心者必見

本日は「CBDを試してみたいけどどの摂取方法がいいの?オイル?グミ?Vape?どれがおすすめ?

という疑問にお答えします。

私が初めてCBDを使ったとき、少し怖かったのと共に、摂取方法がありすぎてどれを試してみるのがいいのかわかりませんでした。

そんな悩みを持つ人の役に立てば幸いです。

本記事の内容
  • CBD摂取方法の決め方
  • CBD摂取方法1:CBDカプセルを飲む
  • CBD摂取方法2:CBDオイルを舌下にためる
  • CBD摂取方法3:Vapeで吸引する
  • CBD摂取方法4:エディブルタイプ
  • CBD摂取方法5:CBDオイルを料理に混ぜる
  • CBD摂取方法6:CBDクリームを肌に塗る
  • どの摂取方法が一番おすすめ?

CBD摂取方法の決め方

CBDの摂取方法には大きく分けて6つあり、初心者は抵抗がない選ぶものをおすすめします。

あとは使用目的やライフスタイルによって摂取方法を選ぶといいでしょう。

例えばプレゼン前の緊張やストレスを緩和したい人は、すぐに効果が現れる摂取方法がベストでしょう。

摂取方法と効果時間に関しては、別記事をご参考ください。

CBD摂取別効果と持続時間
CBDの効果を感じるまでの時間と持続時間を解説【摂取方法別】CBDの効果を感じるまでの時間と持続時間を解説します。Vapeやリキッド、パッチ、グミ、オイルなど摂取方法別に時間は大きく異なります。使用目的やライフスタイルにあわせて最適なものを選びましょう!...

CBD摂取方法1:CBDカプセルを飲む

カプセルはサプリメントや薬としても用いられる摂取方法で、抵抗もあまりないかもしれません。

CBDカプセルは飲み込むだけで簡単に摂取でき、含有量が決まっているのでオイルのように摂取量を計る手間がかかりません。持ち運びしやすいのも利点の1つです。

CBDカプセルは効果が現れるまでに時間がかかり、ゆっくりと継続した効果を得られます。

CBD摂取方法2:CBDオイルを舌下にためる

CBDの最も一般的なとり方が、CBDオイルを舌下にためる方法です。製品のフレーバーのバリュエーションもたくさんあります。

CBDオイルのボトルにはキャップにスポイトがついていて、自分に合ったCBD量に調整できるため初心者にもベビーユーザーにもおすすめの摂取方法です。

少しずつ摂取でき、自分にあった量を見つけやすいというのは初心者にとって大きなメリットです。

さらに皮膚の薄い部分から直接CBDを吸収するので、効果が現れるまでの時間が非常に短いのが特徴です。

ただCBDオイルは苦味が強かったりするので、好みが分かれます。

CBD摂取方法3:Vapeで吸引する

CBDは電子タバコのような形で吸うことができ、これをVapeと呼びます。

Vapeはフレーバーも強さも幅広いので、自分の好みに合ったものを選べます。すでに電子タバコをもっている人は、CBDのE-リキッドを購入しましょう。

Vapeは持ち運びが簡単ですが、E-リキッドに含まれるプロピレングリコールなどの危険性があります。販売会社によっては危険な成分が全くはいっていないものもありますが、ほとんどの製品には含まれています。

Vapeのメリットは、「効果が現れるのがすごく早いこと」と「他の摂取方法より効率よくCBDを摂取できること」です。

CBD摂取方法4:エディブルタイプ

CBDエディブルは食べられるタイプの製品の総称で、グミやチョコ、ケーキドリンクなどがあります。

エディブルで一番人気なのがグミです。その理由はわかりやすく「おいしい」から。なので初心者にもCBDグミがおすすめです。

カプセルと同様にCBDがあらかじめ決まっているため、いちいち計る必要がなく楽ちんなのもメリットです。

CBDエディブルタイプは消化器官を通って吸収されるため、効果が現れるに時間がかかります。そのためより長い時間効果が持続します。

CBD摂取方法5:CBDオイルを料理に混ぜる

CBDオイルは料理や飲み物に混ぜて、自作エディブルを作ることもできます。

作り方は簡単で、料理にオイルとして混ぜるだけです。楽しく健康的にCBDを摂取できます。

さらに料理だけでなくドリンクに混ぜられますが、そのときは水に溶けるタイプのCBDを使いましょう。

CBD摂取方法6:CBDクリームを肌に塗る

CBDを肌に塗布するのも人気な方法です。CBDを含んだローションや保湿剤などの美容製品と局所的な痛み止めとしての2種類があります。

口から摂取するより遥かに抵抗が少ないため、初心者として最も始めやすいでしょう。不安やストレスを軽減する効果は期待できませんが、スキンケアとして非常に有効です。

CBD(カンナビジオール)がニキビを治す?効果的な使い方も解説
CBD(カンナビジオール)がニキビを治す?効果的な使い方も解説今日は「CBDオイルがニキビいいと聞いたけど本当?他にもスキンケア効果はあるの?」という疑問と効果的な使用方法にお答えします。 結論から述べるとCBDオイルは、ニキビなどのスキンケアに効果があります...

どの摂取方法が一番おすすめ?

CBDは人によって好みや効果が大きく変わるので、どれが一番いいかを決めるのは難しいです。

なので目的などに合わせて、自分が一番摂取しやすく効果を感じられる方法がベストです。

いろいろ試してみるのも楽しいのでおすすめです!

ちなみに個人的には、量を調整できるCBDオイルがベストで、タバコが嫌いなのでVapeは無理でした。

それでは素敵なCBDライフを。